浦沢 直樹ファースト・アルバム「半世紀の男」

浦沢 直樹ファースト・アルバム「半世紀の男」

浦沢 直樹デビュー・シングル「月がとっても…」の続きです。

2008 年 11 月 29 日に、浦沢 直樹さんのファースト・アルバム「半世紀の男」が Flying Ducko-Chang Records フライング・ダッコチャン・レコーズから発売されました。

  1. 洪水の前
  2. Ha, Ha, Ha,
  3. 月がとっても…
  4. エンドロール
  5. 12 階建てのバス
  6. ガラクタ
  7. 半世紀の男
  8. 哀しみのヒットパレード
  9. 分倍河原の日が暮れる
  10. ヒビ
  11. Bob Lennon

フライング・ダッコチャン・レコーズは 2000 年に和久井 光司さんが設立したレーベルで、「半世紀の男」も和久井さんがプロデュースしました。

「半世紀の男」発売に当たり、浦沢さんは以下の音楽雑誌に登場しています。

音元出版「季刊 analog アナログ」vol.19 には、「半世紀の男」の製作風景が掲載されています。