「20 世紀少年」(浦沢 直樹)と「新吼えろペン」(島本 和彦)

「20 世紀少年」(浦沢 直樹)と「新吼えろペン」(島本 和彦)

「新吼えろペン」第 8 巻「最後のふろしき」より。

流れ星 超一郎 え———?
なんで着地させないといけないの—?

富士鷹 ジュビロ !?

炎尾 燃 !!

富士鷹 いや…それは………

炎尾 だってモノカキの責任として………

流れ星 責任ってさ——何?
何よ?
毎回毎回面白がってもらうことのほうが大切でしょ?

ボタ Q 話は聞かせてもらいましたよ!
流れ星先生のおっしゃるとおりですよ!!

富士鷹・炎尾・流れ星 あっ、ボタ Q さん!
ボタ Q 元編集長!!

ボタ Q 私の……経験上言わせていただきますと……
いろいろな天才作家がいましたが、たとえ天才でも———
100 回連載が続くとしたら、1 回はつまんない話があります!!
ただ、天才は………
その 1 回を、最終回にもってくるんです!

炎尾・流れ星・富士鷹 おおっ!
そうなのか!?

ボタ Q それまで 99 回読者を楽しませるんですよ!
読者はワクワクします!
本は売れます!
評判になって賞をもらえるかもしれない!
最高です!!
———そして、幕引きだけちょっとショボイ…と!
まあ最終回の 1 回ぐらいいいじゃないですか!!
私に言わせれば、そこまで楽しませてもらったのに、文句を言うヤツのほうが、どうかしてますよ!

流れ星 あ!
そうですよボタ Q さん!
まったく同意見ですっ!!

富士鷹 そうか———
そうか———流れ星……

炎尾 それでお前のマンガ…

流れ星 なんだよ!?

富士鷹・炎尾 いつもいつもストーリーは進んでないくせに………
つぎつぎと新しい謎ばかり!
期待感たっぷりに出てくるよな!!

流れ星 あ——
まあね——
出てくるよ——
人間の闇!
世界の破滅!
すべての崩壊の時は近いよ!!
でも、すべての崩壊なんておれ描けねーし!
よくわかんないし!
だけど煽るよ———!
煽ると読者が喜ぶから!
勝手にね♥

炎尾・富士鷹 ………………

ボタ Q そしてどんどん本は売れます!

流れ星 読者の豊かなイマジネーションを刺激してんだよ!
作者のおれよりもっと優れているところにいってるよ、ヤツらは!

読売新聞 2009 年 1 月 21 日付夕刊には、浦沢 直樹さんの仕事場の写真があり、本棚の右から 4 列目の下から 4 段目に「吼えろペン」が 3 冊写っています。

帯の色から右の 2 冊は第 2, 3 巻なので、左の 1 冊は第 1 巻でしょう(「吼えろペン」は全 13 巻/「新吼えろペン」は全 11 巻)。

「新吼えろペン」第 8 巻を確認できないのが残念です。