ケンヂとユキジは同じ中学校に進学したのか?

ケンヂとユキジは同じ中学校に進学したのか?

「20 世紀少年」第 2 巻第 1 話「“ゆうりき”」より。

マルオ 中学高校になっても、おまえの武勇伝は噂で聞いたぞ!!

ユキジ え!?

マルオ 六中の不良グループ 13 人相手に河原で大乱闘!!

ヨシツネ 13 人全員病院送りにしたって聞いて、さすがユキジだよなーーって、言ってたんだよな!!

ユキジ ちょ…ちょっと話が大げさ!!
相手は 12 人……

ケロヨン 高校の時は、暴走族相手に大立ち回り!!

ユキジ い!?

ケロヨン 族のアタマスッポンポンにして、縛り上げたって!?

ユキジ い…いや、スッポンポンじゃなくて、パンツ一丁……

この会話から、マルオ・ヨシツネ・ケロヨンはユキジと別の中学校と高校に進学したことが分かります。

「20 世紀少年」第 7 巻第 11 話「突入」より。

ケンヂ 大変なことになるはずだった…
先生が血相かえて怒鳴りこむ……
「そのやかましい騒音を止めんかーー!!」
すると、無敵の俺はこう答えるんだ。
「騒音なんかじゃない、これはロックだ!!止められるもんなら止めてみろ!!」ってな……
だけど…
なーーんにも起きないでやんの。

マルオ ククッ…

ケンヂ 学校中の生徒から、ヒーローとしてやんやの喝采で迎えられるはずだったのに……
だーーれも聴いてやしなかった。

マルオ 俺も、おまえがそんなことしてたなんて全然知らなかったぜ。
昼メシ食うのに夢中でな。

この会話から、ケンヂとマルオは同じ中学校に進学したことが分かります。

つまり、ケンヂとユキジは別の中学校に進学したにも関わらず、同じ中学校にいる描写が複数あります。

  1. 「20 世紀少年」第 21 巻第 11 話「仮面の告白」で、放送室ジャックの日、ケンヂとヨシツネが 1 年 3 組から出て、どこかのクラス(3 組か不明)にユキジ
  2. 「21 世紀少年」上巻第 4 話「子供のはじまり」で、ケンヂはユキジを「ポセイドンアドベンチャー」に誘おうとして失敗
  3. 「21 世紀少年」下巻第 8 話「20 世紀少年」で、放送室ジャックの日、ケンヂはユキジに校舎内の階段で告白

「子供のはじまり」で、ケンヂは「今度の日曜日〜〜♪」「僕といっしょに〜〜♪」「映画に行きませんか〜〜♪」「別に福引きで当たったわけではないのです〜〜♪」とギターを弾いた後、ユキジに「いっつも B 組の慎也とばっかりやってんじゃん、寝技!!」と言っています(「仮面の告白」では、第四中学校のクラスは A, B, C ではなく 1, 2, 3 です)。

余談ですが、「ポセイドンアドベンチャー」は 1973 年 3 月日本公開なので、ケンヂが中 1 から中 2 にかけての春だったことになります。

「20 世紀少年」第 3 巻第 10 話「それから…」で、ユキジは「そう……おじいちゃん死んでから、この家ほったらかし……」「(父さん母さんは)小学校あがる前に、二人とも事故で死んじゃったの……」「だから、ずっとここでおじいちゃんと二人暮らし」と言っているので、中 2 の頃におじいちゃんが死んで親戚の家にでも住むことになって転校し、転校先(六中?)で不良グループ 12 人相手に河原で大乱闘したのかもしれません。

ところで、放送室ジャックは、1, 3 以外に「20 世紀少年」第 1 巻第 1 話「ともだち」でも 1973 年の出来事として描かれており、いずれの回でもサダキヨ以外の登場人物が半袖であることから、6 〜 9 月になります。

しかし、「仮面の告白」の通りケンヂが中 1 だとすると 1972 年の 6 〜 9 月になり、「ともだち」の通り 1973 年の 6 〜 9 月だとするとケンヂが中 2 になるので矛盾します。

ただし、"20th Century Boy" (T.REX) の本国イギリスでの発売は 1973 年 3 月です(日本での発売も 1973 年だが何月か不明)。