「島本 和彦のマンガチックにいこう!」

「島本 和彦のマンガチックにいこう!」

STV ラジオ「島本 和彦のマンガチックにいこう!」2003 年 7 月 12 日(土)に、「20 世紀少年」の話題が出ました。

  • パーソナリティ
    • 島本 和彦(マンガ家)
  • アシスタント
    • 室田 智美(STV アナウンサー)

内容を以下にまとめます(敬称略)。

  • 浦沢 直樹は、大友 克洋 DNA を受継いでいる
    • 絵的に手塚 治虫 DNA を受継いでいない
      • リアル志向
    • 本人も認めているし、そういう人はマンガ界にとても多い
  • 超能力を手塚や石ノ森 章太郎が描くと、空中に放電するなどの効果を用いる
    • 大友が描くと、人間が壁に押付けられるときに壁をへこませる
      • しかも、エネルギーは球であろう、という考えなので、丸くへこむ
      • ターミネーターが未来から現代に現れるときに球のエネルギーをまとっているのも、大友の影響だろう
  • 絵にリアリティがあるので、マンガが好きでなくても読みやすい
    • 今までのマンガを否定するところから始まっている、と言っても過言ではない
  • 「ウルトラマン研究序説」(SUPER STRINGS サーフライダー 21)「空想科学読本」(柳田 理科雄)は、嘘を暴く面白さ
    • 最初は面白いが、愛がない
      • エンターテインメントとして良いのだろうか
  • 「すごい科学で守ります!」(長谷川 裕一)は、正反対の考え方
    • 愛を持った深読み
  • 「20 世紀少年」は、「鉄人 28 号」(横山 光輝)の巨大ロボットや「サイボーグ 009」(石ノ森 章太郎)のレーザー銃を現代科学で再現するので、一般の人には読みやすい
    • 島本のようなオタクには物足りないが、そのため小学館漫画賞や講談社漫画賞も受賞した