マンガサミット特別企画「言っておくけどくだらないよ。『未来生活形態図』展」

マンガサミット特別企画「言っておくけどくだらないよ。『未来生活形態図』展」

2011 年 12 月 7 日(水)〜 12 日(月)に、新宿高島屋 10 F 美術画廊でマンガサミット特別企画「言っておくけどくだらないよ。『未来生活形態図』展」(入場無料)が行われ、トークショーとミニライブが期間中に 2 回ありました。

  1. 12 月 10 日(土)14:00
    • 出演:寺田 克也/吉田 聡/泉谷 しげる
  2. 12 月 11 日(日)14:00
    • 出演:本 秀康/浦沢 直樹/泉谷 しげる

11 日のトークショーの内容を以下にまとめます(敬称略)。

  • 戦争があると、科学が発展する(浦沢)
    • 魚群探知機や電気釜やバンドエイドは、戦争と無関係に開発された(泉谷)
  • ロックは反体制のはずなのに、電気を大量に消費するから東京電力の回し者(泉谷)
  • ライブ前日は炭水化物をたくさん食べるが、当日は何も食べずにエネルギーを爆発させる(泉谷)
  • 「COM」に投稿したとき、手塚 治虫に「テーマは 100 点、絵は 30 点」と評された(泉谷)
    • そのときに佳作だったのがあだち 充で、去年の出版社の忘年会で 2 人を引き合わせて握手させた(浦沢)
  • 「MONSTER」のように自分らしい絵を描いていると、「なまえのないかいぶつ」のような絵を描きたくなる(浦沢)
    • 音楽でも、自分のコード進行に飽きることがある(泉谷)
  • 「MASTER キートン」(作:勝鹿 北星/画:浦沢 直樹)が長らく絶版だったのは原作者と喧嘩したのではなく、意志の疎通がうまくいかなかった(浦沢)
    • 完全版では、カラーページも再現されている
      • カラーページは線画を画用紙にコピーして着色しているが、トントンと原稿を整えると経年劣化でトナーが剥落する
  • リキテックスやアクリル絵の具は良い画材(浦沢)
マンガサミット特別企画「言っておくけどくだらないよ。『未来生活形態図』展」