町山 智浩さんと「20 世紀少年 最終章 ぼくらの旗」

町山 智浩さんと「20 世紀少年 最終章 ぼくらの旗」

TBS ラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(土曜 21:30 - 24:30 生放送)の 2009 年 9 月 5 日(土)23 時台の特集コーナー「サタデーナイト Labo」で、「20 世紀少年 最終章 ぼくらの旗」を取上げていました。

  • パーソナリティ
    • ライムスター宇多丸
  • ゲスト
    • 町山 智浩(映画評論家)

対談内容を以下にまとめます(敬称略)。

  • ライムスター宇多丸さんと「20 世紀少年 最終章 ぼくらの旗」は、映画評として完璧(町山)
  • 「20 世紀少年」のテーマは、映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」と同じ(町山)
    • 昭和 40 年代に思い描いていた夢の世界が実現しなかったから、強制的に実現させようとするとテロリズムになる
      • オウム真理教は 1960 年代に生まれた世代が、自らテロを起こして救世主になろうとした
    • 1 時間半でギャグ満載の子供向きでありながら、大人向きでもある完璧な作品
      • 「20 世紀少年」は、24 巻も掛けてグチャグチャの大失敗
  • 「アトムの子」(山下 達郎)は、原作のヒントになっているだろう(町山)
    • 浦沢 直樹が知らない訳がない
  • 原作は、“ともだち”の正体で引っ張ったために全てが崩壊した(町山)
    • 浦沢は「“ともだち”の正体は本質ではない」と言っているが、だったら止めろよ
    • 全 5 巻くらいで終わればよい話をズルズル引っ張ってしまった
      • しかも、ウィルスばら撒きを 3 回も
  • 全 5 巻くらいで終われば、傑作になっていたかもしれない(町山)
    • ただし、浦沢の収入は減り、雑誌の売上げも落ちる
      • 経済的な理由で引延ばしただけ
    • 「デビルマン」(永井 豪)は全 5 巻
      • 全人類の歴史を描き切っている
    • 本人の意思ではどうにもならない力も働く(宇多丸)
    • 「ドラゴンボール」(鳥山 明)や「男一匹ガキ大将」(本宮 ひろ志)のように、編集者が無理矢理続けさせる体制もある(町山)
      • マンガ家は、最終回を描いて失踪するしかない
    • 「PLUTO プルートウ」(浦沢 直樹×手塚 治虫)も、「鉄腕アトム」(手塚 治虫)の 1 エピソード
      • 何巻も描くのは、水で薄めている
    • 「バガボンド」(井上 雄彦)もダラダラ長い
  • 連載マンガは、ソープ・オペラ(昼メロ)方式(町山)
    • 人気がある限り、話が続く
      • 終わりが見えていないまま、話を作る
    • 「ツイン・ピークス」が代表例で、デヴィッド・リンチ監督も犯人を考えずに撮影している
      • 本人に直接インタビューしたときに、「考えていないところが面白いんだ」と言っていた
    • 「スタートレック」シリーズの「ディープ・スペース・ナイン (DS9)」も同じ
    • 映画とソープ・オペラは違う
      • 映画は、最初から結末に向かって集約するようにしか作れない
  • 映画としては、話にならない(町山)
    • 中性子爆弾を載せたロボットが、どうして自爆せずに歩くのか
      • 原作には原っぱに向かう理由があったが、映画にはない
    • ウィルスは、撒き散らした場所にいた人にしか感染しないのか
    • 道端にテーブルを 1 個用意して「ワクチンでーす」と言って、どうやって全人類を救うのか
  • 原作も、アメリカが存在しない世界(町山)
    • アメリカだったら、“ともだち”が登場した段階で中央情報局 CIA(Central Intelligence Agency) が正体を調べている
    • “ともだち”が犯行予告しても、誰も何もしない
  • ケンヂは浦沢で、「俺が世界を救う」となっているのが一番の問題(町山)
    • しかも浦沢作詞作曲の歌で(宇多丸)
    • 手塚も作品に自分を描くが、「情けない男」として登場させる(町山)
      • マンガ家が「世界を救うスーパーヒーロー」は良いのか
    • 浦沢バブルを膨らませてしまい、誰も制御できなくなった
      • 正に“ともだち”
  • 最後の数分間は「21 世紀少年」の圧縮(町山)
    • 上下巻が数分間で語れる内容
  • 連載中の「BILLY BAT ビリーバット」(浦沢 直樹)も同じような作品だが、質を重視して短く終わらせるべき(町山)
    • 映画「20 世紀少年」は、マンガ「20 世紀少年」を簡潔にまとめる最後のチャンスだった(宇多丸)
  • 覆面を被った子供の名前がサダキヨなのは、「犬神家の一族」(横溝 正史)の佐清(すけきよ)が元ネタ(町山)
  • 遠藤 賢司が出演しているということは、怒っていないのか(町山)
    • 「Bob Lennon ボブ・レノン」が「カレーライス」(遠藤 賢司)から取っているのに、怒らないのか
      • 「20 世紀少年 最終章 ぼくらの旗」に登場しているミュージシャンは、あの曲をどう思っているのか(宇多丸)